競輪選手

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています 競輪

「競輪選手の脚質・タイプを知る」


こんにちは。

前回は「ライン」をご紹介しました。

先行型の選手の後ろに追い込み型の選手がつき、
ラインを形成し、第3コーナー、最終コーナーあたりまで他のラインと競い合います。

最後は同じラインでも各選手が1着を目指しますが、
余裕があれば同ラインでの1着、2着、3着独占を目指します。

ただ、ラインで独占するのは難しく、力が拮抗している場合、
ゴール前の最後までもつれてしまいます。

今回は競輪選手の脚質・タイプについて、ご紹介します。



競輪選手の脚質・タイプ

競輪選手

先行/逃げ/捲りタイプ

先行する選手は自力型といい、ラインの先頭を走ります。

先行選手の走り、戦法、しかけるタイミングにより、
レースの結果が大きく変わってきます。

例えば、先行選手が早いタイミングで逃げを行ってしまうと、レース終盤まで持たず、
他のラインの選手が勝ってしまいます。

若い選手や脚力のある選手が自力型の選手になります。


追い込みタイプ

追い込み型の選手は先行型の選手の後ろにつきます。

1人つく場合は2人のライン、2人がつけば、3人のラインとなります。

追い込み選手は、先頭選手をサポートしながら、最終的には1着を目指します。


例えば、レース終盤、他のラインが後ろから捲(まく)ってきた際には、

他のラインの選手を抜かせないようにブロックし、先行選手や自分のラインを守ります。


他のラインの選手をブロックするため、追い込み選手は横の動きに強い必要があります。

後ろにつく選手によっても先行選手、ラインを形成する選手の結果は変わってきます。


先行選手のすぐ後ろを走る選手を番手、その次の選手を3番手と呼びます。




「競輪選手の脚質・タイプを知る」のまとめ

競輪

今回は競輪選手の脚質・タイプについて、ご紹介しました。


レースでは、先行選手の脚力や番手の選手の力、

ラインの人数、どのラインが先行するかを考えます。


出走表や動画の中継、各新聞では、選手の脚質、並び、競争点数、

レースの展開予想、選手のコメント(一言)などが紹介されるので、

それを見てレースの展開、どのライン、誰が勝つかを考えるとおもしろいと思います。


まずは先行する選手やラインに注目して、競輪のレースを楽しんでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

競輪情報・投票サイト【オッズパーク競輪】

楽天で競輪!【Kドリームス】

競輪・オートレースなら「チャリロト」

-競輪